イラストでみる猫学によると

【猫の膀胱炎】
 膀胱炎とはさまざまな原因による膀胱壁の炎症である。猫では細菌感染によっておこる膀胱炎はほとんど認められず、原因が特定できない突発性の膀胱炎が多い。突発性の膀胱炎の猫は、排尿時に痛みを伴ったり、尿中に血が混じることが多く、これらの症状が緩解や再発をくりかえすのが特徴である。
 突発性の膀胱炎は明らかな原因が不明なため、効果的な治療法はない。膀胱炎では尿道栓子ができやすい状態になるため、尿石症の場合と同じように飲水量を増やし、尿を薄くすることで尿道栓子の危険性を防ぐ必要がある。
 原因としては、引っ越しや天候の変化、家族構成の変化(赤ん坊や新しく飼う猫)などの精神的なストレスが引き金となって突発性の膀胱炎になることもあると言われている。ストレスとなる要因が存在する場合には、できるかぎり除き、精神安定剤のような薬で治療することもある。

【尿石症】
尿管、膀胱、尿道のいずれかに結石が形成された状態。
原因は尿中に本来は溶けて存在するミネラルが過剰となったり、尿のpHの影響などで結晶化し、析出して結石となる場合がほとんどである。
尿石症の治療は食餌両方である。尿を薄くしてあげること。ドライフードから缶詰フードに切り替えたり、食餌に水を混ぜたり、水入れの周りをつねに清潔に保つ必要がある。

【尿道栓子】
膀胱炎で脱落した上皮細胞や炎症に伴い分泌した粘性物質などに結晶や微少結石が付着し、尿道に“栓子”が形成され、排尿が出来なくなる状態になる。


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送